写真撮影には笑顔が大切

サイトマップ

トップバナー

写真撮影

七五三用デジカメ

デジカメできれいに撮影できる方法を知りましょう

人生に数度しかない七五三、写真屋の写真のみならず、可愛い七五三の姿を自分でとった写真にもしておきたいですよね。ただ、現実は、上手に取れる技術をもっている人は少ないはずです。プロが持つ撮影のコツを知っておけば、プロに少しでも近い写真撮影が可能です。これは要チェックポイントです。

最初にデジカメできれいに撮影できる方法を知りましょう。最初はフラッシュをしないことです。自然の光を使って写真をとるのです。屋外で写真を撮った方が上手にとれやすいので、天候の良い日を選んで外で撮るのが一番です。背景にこだわりをいれて、七五三の衣装の姿がはっきりと映る場所を選ぶのも重要です。

七五三の小道具

小道具があれば、さらに良い写真に

特殊な背景が不要だと思うのであれば、背景から外すだけでも見栄えが全く違ってきます。普通の人の場合、良いシャッターチャンスを逃してしまうことが多いので、連写モードやスポーツモードがあれば、それを使いましょう。小道具があれば、さらに良い写真になりますので少し例を見てみましょう。

最初に銀色のアルミでできたレジャーシートを使用します。これはプロのカメラマンがよく使うフ版の代わりになってくれるのです。光が反射すると、お子さんの目も輝いて写り、顔も光で明るくなります。

写真の良い撮り方

七五三衣装

他にも写真撮影の良い撮り方があります。撮影者についてみてみましょう。撮影する人は撮るとき、必ず笑顔を作るようにしましょう。しかめっつらでカメラを構えたのでは、お子さんも緊張して笑顔になれません。一番大事なのはお子さんの一番良い笑顔を引き出してあげるためのポイントになるのです。

写真を撮るお父さんやお母さんが笑顔なら、子供もきっと笑顔をみせてくれます。撮る側の緊張感が子供に伝ってしまっては意味がないのです。撮る側がまずリラックスしましょう。そして、自分の最高の笑顔と一緒にカメラを向けてあげることが子供の写真を撮るポイントなのです。

何をするときも笑顔を忘れず
七五三衣装を着た女児

カメラを取り付ける場合も、ファインダーを向ける時も何をするときも笑顔を忘れず、子供にとって最高の雰囲気をたもっておくことが大事です。それがそのまま、子供の写真に現れるのです。後に写真をみたとき、撮った側もお子さんもその時の楽しい思い出がその写真とともによみがえりますよ。

また、撮る写真は、ポーズを決めて無理に押し付けるのでなく、子供がとる自然な格好や様子をたくさんとって おくことも大事です。七五三の時に子供がどんな自然な顔をしていたのか、どんな格好をしていたのか、将 来昔をを振り返った時に一番自然な七五三の時のお子さんの姿を見ることができるのです。今の大人の世代が子供のころは カメラもまだ進歩していませんでしたが、今のカメラがあれば素人でもプロ並みの良い写真が撮れますよね。 スマホなどの機能も相当高いのでぜひフル活用してお子様の晴れ舞台を撮影しましょう。

七五三の衣装の基礎知識