七五三の写真を前撮りで割引

サイトマップ

トップバナー

七五三の写真

鳥居前にいる七五三の子供

様々なサービスも

昨今、七五三に必要な写真を前撮りする家庭が増えているそうです。その原因は、早い段階で写真をとれば、早期割引などで安いことが理由のようです。その他には七五三の同じ日に神社でお参りと写真撮影の両方をするのは大変だから、というのもあるようです。先の通り、写真会社もキャンペーン等を行って、割引以外にも色々な特典をつけて集客しようとしているようです。

例を挙げると11月に参拝する場合は無料レンタル衣装を提供するサービスだったり、無料でなくても割引してくれる会社もあるようです。他には撮った写真を正月の年賀状に無料で印刷するサービスだったり、名刺にプリントしてくれるサービスなど本当に様々です。撮った写真の支払いの際に、足袋や千歳飴、などをくれるところもあるそうです。

わが子をとる親

時期的に一番良い撮影時期は夏の前

他にも撮影用の衣装を何着きてもタダにしたり、携帯の待ち受け画面にできるように加工して写真を送付サービスをしている会社やストラップに写真をのせてくれたりする撮影会社もあります。この撮影料金の割引や特典の他にも、前撮りをしたほうが混在時期を避けることができますし、じっくりと衣装などを選んで撮影できるので、お薦めだったりします。

すいている時期だと一人写真にご兄弟の写真や家族一緒の写真等ものんびりいくらでも撮影することができます。さらに平日だと会社も暇なので、更に料金的にもお得に撮影が可能です。時期的に一番良い撮影時期は夏の前で肌が日焼けする前になります。気づいておられる方もいると思いますが、この時期は七五三写真の広告が出回る時です。女の子は白肌で可愛い写真をとってあげたいので、この時期が一番ですね。

写真の加工

撮ってもらった七五三の写真は六つ切りや八つ切り等でそのまま印刷をお願いすること可能です。もし楽に保管したいなら台紙にはってもらうようにお願いしましょう。今では一般的ですが、ポスターやカレンダーなど記念に残るようにすることも可能です。写真を複数買うのであれば、アルバムにまとめて入れておくのが一番わかりやすいでしょう。ちなみに、アルバムも台紙の枚数が違ってそれぞれ値段が違うので、確認しておきましょう。

またアルバムの柄や素材でも値段は変わります。その他にもアルバムの種類には台紙が増やして挟めるファイルタイプの物なども存在します。これからも七五三の撮影の機会があって、写真数が増加しそうなら、こちらのタイプのものだと一度だけ買えばあとは挟んでいくだけなので、便利でしょう。

デザインアルバムの利用も
デザインアルバム

最近は絵本みたいに個人の好みに加工してもらえるデザインアルバムというのも有名になってきています。また、デザインプリントという加工をすると、独自の名前や日付を入れたフォトフレームにすることも可能です。プロ的にみえて仕上がりも高級に見えますよ。お部屋に飾れるフォトフレームなども販売されています。また、買った写真はCDロムに保存してもらえるので、加工技術があれば、自分で写真をいじることもできて楽しいです。

現在はカメラ屋さんでフォトアルバムを容易に作成してもらうことが可能です。なので、写真のみ買っておき、 データをもらい、自分で七五三のオリジナルアルバムを作成することもできるのです。写真屋さんではプロで すので、色々な形の写真を買えます。ただ、ついついたくさん買いすぎてしまったり、いらないアルバムまで 勧められて作ることもしばしばですので、あらかじめ、予算を決めておくとよいでしょう。そして予算の中でどれだけできるかを確認して 注文するとよいです。また複数のお店に見積もりをとるようにしましょう。一店舗だけで決めてしまうと、ほとんどのケースで後悔してしまうといえます。

七五三の衣装の基礎知識