七五三の髪型を直すのはお母さん

サイトマップ

トップバナー

七五三の髪型

髪型

お母さんが是非髪型を直しましょう

七五三の衣装を決定したら次は髪型を考えましょう。男のケースは、ほとんど気にするところはないですが、、女の子はそうはいきません。ヘアセットは着付けと一緒に写真屋等でやってくれますが、実は自宅でも可能です。特に小さいお子さんのケースでは、他人を嫌がることもしばしばあります。そんな時はお母さんが是非髪型を直してあげてくださいね。

基本的に七五三で三歳の女児の髪型はふたつ結びになります。これは、七歳の女児がふたつ結びをすると幼くみえてしまうので、この時にしかできないのです。髪の量やボリュームが上手にいかない可能性もありますが、ウィッグを使用するのも手です。お母さんがセットする時は、整髪料をつけておだんごを作ってあげると簡単です。

ひとつ結び

七歳の女児はひとつ結びが一般的

普段と違う分け目で髪飾りをちょっとつけてあげるだけで見栄えがかなり変わります。七歳の女児はひとつ結びが一般的になります。これもお母さんがおだんごを作って必要であれば、ウィッグを使い、髪飾りをつけると簡単にできます。おだんごの高さや場所、前髪のセットを変えても印象が変わってよいですよ。

男の子のケースは、七五三といっても髪形を変えるのは難しいと思います。しいて、できる範囲といえば、前髪を下ろして額をだすか、前髪を横に流すなど方法は色々あるので、試してみてお子様に似合うと思う髪型にしてみてください。また、お子様が気に入る髪型である必要もありますので、お子様と相談しながら決めるのもよいですね。

髪飾り

さて、七五三の衣装を着て髪型をきめたら、その次は髪飾りにはいります。着物とよく似合うものを選択する必要があります。髪飾りだけでも豪華に見えたり、おとなしく見えたり見え方が相当変わります。最初は髪型の基本のなるおだんごを作成します。必要であれば、ウィッグ等を使用して髪飾りをつければできあがりです。

今風にするなら、髪飾りを横向きにつけるのもよいでしょう。反対に伝統的な日本髪にするのであれば、ウィッグを使用せず、髪をまとめ頂点に髪飾りをとりつければ、完成です。髪飾りが大きいものと小さいものが両方ある場合は片方を片側に、もう片方を反対につけるのもアレンジ法になります。または髪飾りを両方とも同じ側につけてあげても可愛くなります。

七五三の髪飾り
髪飾りは小さな物より少し大きめで目立つものを

最近では髪飾りを帯につけて歩いている人達もよくいます。ピンでとめてしまうやり方で小さな髪飾り程度であれば、帯のアクセントで女の子らしく見えます。髪飾りやコサージュを選択する際はまずは、衣装の色や柄とマッチしたものを選択します。着物と同色の物でもよいと思います。髪飾りは小さな物より少し大きめで目立つものが見栄えがよくなるので構いません。

髪飾りが大きい物と小さい物がセットになっている時は、大きいものを子供に、小さいものを母親側が 頭につけてよいです。小さいコサージュでも便利がよく使いがってもよいです。七五三以外にも、日毎 のおでかけどでドレスと一緒にコサージュが使えるので一石二鳥の役割を果たすのです。昔であれば、 取り換えなど用品ごとに大変ですが、今はこのように親御さんの手間も省けるようになっているのです。 何かと準備は手配などが大変なイメージが強いですが、このようなサービスを使うことで楽になりますよ。 お子様への配慮やサービスも慣れたものなので、お子様がぐずって手間取ってしまうこともありません。 あくまでどのサービスもコロコロ予定が変わると思うと楽です。臨機応変になることを始めから覚悟して おいたほうが楽といえます。

七五三の衣装の基礎知識