昔と今の七五三は衣装から違う

サイトマップ

トップバナー

昔と今の七五三

七五三の親子

日本各地でそれぞれの様式で

伝統的なのは七五三の形式というと髪置き、袴着、紐落し、帯解きと呼ばれており、日本各地でそれぞれの様式でのスタイルで七五三は行われていたようです。髪置きは2~3歳の間にされ、その日から剃って短くしていた子供の髪を伸ばし始める儀式というのが古来の伝統です。袴着は3~7歳の子供が、生まれて初めて袴つける儀式というのが昔のスタイルでした。

紐落しは5~9歳の間に、それまで着物をとめていた紐を帯に変えるという儀式だった、そうで、この儀式は帯解きとも昔は呼ばれました。江戸時代の中期に、ある呉服屋がこの3つの行事を商売として始めて、一つにし、宣伝したのが七五三の始まりとも言われています。

七五三の女児と母親

七つ前は神のうち

現代と違い昔の医療、衛生面は悪く、当然、乳幼児の死亡率も高かったので、子供が成長するだけでも幸せと言われていました。なので、「七つ前は神のうち」と昔は言われ、7歳未満のまだ神様の物であり、神様がその子供の将来を決めると信じられていました。それで、古来の人々は様々な儀礼をもうけ、自分たちの、子供が生き延びるように祈ったそうです。

また、7歳の時のお祝いは成長も進み、生存率も高くなり安定期に入るので、不安定な時を克服した節目、という意味での儀礼だったので、特に7歳の時のお祝いを盛大に地方が目立ったようです。

現在のスタイル

現在のスタイルでは、神社で祝詞をあげて頂き、お祓いをしてもらうスタイルと、ただ単に神社に参拝してお賽銭をあげて祈願するスタイルとの2つが主流です。ただ、現在は後者の方が多いようですが、どちらかというと親のほうが一生懸命になっているのも実情です。

男児
子供が楽にできるように楽な衣装で

伝統的な服装でいくなら、3歳の女子は肩揚げをした着物を身に付け、帯でなく被布を羽織 るのが正当なやり方です。3歳、5歳の男子は紋つき羽織を身に付け、仙台平の袴も身につけます。7歳 の女子は本裁ちの着物にかかえ帯というのが正装になっています。ただこれも現在では子供が楽にで きるように楽な衣装で行われる工夫をするようになっています。そのような楽な着物を扱っているお店を探す、という 作業も必要です。

七五三の衣装の基礎知識