最低限のルールがあれば怖いもの無し

サイトマップ

トップバナー

最低限のルール

親子

最低限のルールと知識があれば大丈夫

案外多くの親たちが子供の七五三の年齢が近づくと、何歳ですればいいのか、何をすればよいかなど、色々わからない点がでてきてパニックになってしまうこともしばしばあるようです。ただ、簡単なことですので、安心してください。最低限のルールと知識さえ持っておけばよいのです。

さて、年齢に関してですが、古来は三歳、五歳、七歳の数え年で行い、こちらが正式な形になります。しかし現在はお子様が三、五、七歳になって、つまり満年齢で七五三をする人たちも増加していますので、どちらでも気にする必要はありません。時期は本来は11月15日とされていますが、今は幼稚園や仕事などで都合がつかないケースも多々ある時代です。

七五三の女児と母親

ほとんどの人は11月の土日祝日に行う

なので、ほとんどの人は11月の土日祝日をに行っているのが現状です。子供と参加する家族の都合が良い日、天気に恵まれた日にを選べば問題ありません。必ず、この日、という決まりは今は気にする必要はありませんので、大丈夫です。

さて、七五三ですることですが、一般的に、まずは神社に参拝し、七五三の祈祷をして頂きます。次に家族や親戚などと一緒に七五三お祝い会食をしたりします。また、記念の写真撮影なども行います。これが簡単な流れになりますが、ただ準備となると大変になるケースが多いです。

準備

さて、七五三に向けて写真や、参拝、食事会等、準備は山ほどあります。その日にあせって行動せずに済むように、前もってしっかり計画をたてておきましょう。最初に写真は前撮りしておくと楽です。当日はスナップ写真程度で十分でしょう。その日になって、衣装を準備して写真を撮って神社に行く人もいますが、お子さんが疲れることを考えるとあまりよくありません。

写真を前撮りしておくなら、2ヶ月前の9月中には終わらせておいたほうがよいです。スタジオの予約も当然早めにし、当日着る衣装もある程度決めておくと楽になります。また、七五三の日に祝いの食事会をするのであれば、店探しや予約もしておきましょう。また、食事会は解散後のことも考えると家の近くがよいでしょう。または参拝のあとに一旦家で着替えてからゆったりとお祝いするのもいいと思います。

スナップショット
早めに写真屋への予約がオススメ

早めに写真屋への予約がオススメ 準備をまともにせずに、写真撮影を前撮りと同じ日に同時する人もいますがこれはあまりお薦めできません。和装と洋装の両方の撮影をしたい場合は別日にわけないと、子供が疲れてちゃんとした写真が取れない場合もあるからです。

また、当日は当然混雑しますので、早めに写真屋を予約しておく必要があります。衣装も七五三当 日は大半がレンタルででてしまうので、きっちり予約しておかないと気に入ったものがきれない場合もあるからで す。このように準備は大変ですが、しっかりと行っておきましょう。日程と時間が決まったら、すぐに予約 する店を探し始めてもよいくらいです。時期が時期だけにあちこちの店が一斉に繁盛気に入りますので、早くしないと予約できないことも あるのです。

七五三の衣装の基礎知識