そもそも七五三とは子供の成長に合わせたもの

サイトマップ

トップバナー

そもそも七五三とは

七五三の神社

古来から伝わる風習で自分の子供の成長を年ごとに祝う習慣

みなさんご存知の「七五三」とは、古来から伝わる風習で自分の子供の成長を年ごとに祝う習慣です。以前は、三歳の男女に「髪置」と呼ばれるものを行い、その日から髪を剃らずに残しておく日としていたようです。五歳の男児は「袴着」と呼ばれるものを行い、この日から袴をまとうようになったそうです。七歳の女児は「紐落」と呼ばれるものを行い、この日を境に帯で締めるようになります。

この通り、七五三とは自分の子供の成長に合わせて身だしなみを整えていくものだと知っておきましょう。七五三の風習で江戸時代の頃から、神社へ出向くようになったそうです。豊作物が収穫できたことへの感謝と子供の成長の感謝を合わせて参拝していたそうです。今のように子供に晴れ着をまとわせたり、といった習慣は明治時代辺りからのもののようです。

衣装

七五三とは自分の子供の成長に合わせて身だしなみを整えていくもの

今は三歳と七歳のお祝いのみで済ませる地域、七歳のお祝いだけで済ませる地域、三歳と五歳のお祝いは自宅で簡易にとり行うなど、地域によって差がでてきているようです。合わせて、西日本では三歳のお祝いを事実上、四歳でするなど、数え年でを使うケースと満年齢を使うケースがあります。基礎知識としては、元来は数え年行うのが正当だと知っておきましょう。

世間的には、七五三のは11月15日に神社等で祝う場合が大多数のようです。男は三歳と五歳、女は三歳と七歳に その成長を祝うのが、一般的な七五三ですが、地方により、男の三歳を祝わないところもあるそうです。旧暦 で数える15日は鬼宿日と呼ばれ、鬼が外に出ない日なので、何を行動するのが良い日と言われてきました。今 では特に15日に関係なく、11月の週末や、祝日に行う場合が増加しています。寒い地域の北海道などでは1ヶ 月早く10月15日に七五三をするところもあるようです。 地方によってもこのように変わって くることを知っておきましょう。どこでも日本であれば、同じだと勘違いしている人が多いのですが、 その土地の習慣などによっても変わってくるのです。

正式なお参り

七五三は自分の子供の成長を感謝するために神社へ参拝を行いお礼をします。その場合の正式な参拝法を知らない人が実は大変たくさんいるのです。まず、神社の正式なお参りの仕方を見てみましょう。神社でまず見えるのが鳥居よね。鳥居はこの先に神様がいるということを表現しているのです。

ですので、正式にはまず鳥居の前で会釈をし、通るようにしましょう。また、鳥居の前がこんでいても、絶対に鳥居の下を通らなければなりません。次に手水舎という場所がありますが、ここは手を洗い口をゆすいで、身を清らかにする場所です。同時に心も清らかにするように心がけましょう。

柄杓
最初に柄杓を右手にとり、左手に水をかけます。

次に柄杓を反対の手に持ち替え、右手を洗います。そしてもう一回柄杓を反対の手に持ち替えて、左手の手のひらに水を入れて、その水を口に入れてゆすぎます。そして、左手に水をかけてから、最後に柄杓をまっすぐにして柄を洗うのが正しい方法です。

そして本殿に向かいます。鈴を鳴らし、お賽銭を入れましょう。そのあとですが、二礼二拍手 一礼が正しい形です。二度お辞儀をし、二回手を叩きます。手を合わせながら、感謝の気持ちを心で表してから 、最後に一礼するのが正しい形です。手を叩くときはきっちり音がでるように叩かなければなりません。 大人でも普段やり慣れないやり方なのでとまどうでしょうが、神社などでは、このやり方が正式になります。

七五三の衣装の基礎知識