七五三の衣装に関係する基礎知識をしっかり学びましょう

サイトマップ

トップバナー

七五三の衣装の基礎知識を知って、自分の子の晴れ舞台、七五三に挑みましょう。

七五三の衣装の基礎知識として、まず、レンタルする場合と、購入する場合の違い、メリットやデメリットを基礎知識として知っておきましょう。
七五三の衣装をレンタルする時は、値段が安いというのが基礎知識です。また七五三の後の衣装のクリーニング代も不要で、手入れなどに時間もかかりません。

七五三の衣装の保管場所もいりませんので、これもメリットの基礎知識ですね。さらにレンタルの場合、七五三の衣装も最新柄が数多くあるので、親子みんなで選んで親もお子さんも誰もが気に入る七五三の衣装を選ぶことができる、というのもメリットの基礎知識になりますので、是非これらのポイントを押さえておきましょう。

着物

七五三衣装の購入基礎知識

次に七五三の衣装の購入の場合の基礎知識ですが、第一にレンタルより高くなります。 ただ七五三の衣装を何度も着れますし、兄弟間で使いまわせるのはメリットの基礎知識の一つになります。また、七五三の衣装を親戚や友人などに貸すこともできます。貸出や使い回しに関しては、購入の場合、どこでも行う七五三の衣装の基礎知識ですね。

衣装

購入のデメリット

ただ、購入の場合はレンタルと逆で七五三の衣装の手入れの手間もいりますし、クリーニングも必要になるのはデメリットの基礎知識です。さらに保管場所も必要で、特に七五三の衣装などは乾燥剤などを使用して防虫しなければならないことも基礎知識としてしっておきましょう。

2種類の衣装

七五三の衣装の基礎知識として2種類ある洋装か和装。そのどちらにするか、一番悩む部分だと思います。最愛の子供の成長を祝う衣装ですし、かわいい七五三の衣装も多くあるので洋装も和装も七五三の衣装でどちらも着せたいと親は思うものです。ただ、子供何度も七五三の衣装を着替えさせると疲れてしまうことも基礎知識としてしっておきましょう。

先の七五三の衣装もそうですが、神社などへの参拝や、衣装の写真撮影、七五三お祝い食事会をやるのであれば、1日で行わうとこれも子供が疲れてしまいますので、基礎知識として知っておきましょう。七五三の衣装撮影から他用事を1日でやると子供が疲れるのは当然の基礎知識ですよね。

履物

七五三の衣装の基礎知識として写真は洋装と和装の両方をとる場合は2日間に分けるようにしましょう。

七五三の衣装へ着替え、ヘアセットをして、撮影して、写真選び。これらを1日で行うと子供は疲れて良い表情の写真が撮れません。面倒でも2日間に分けて、1日は和装、別日に洋装とした方が、七五三の衣装と良い笑顔の写真が取れることも基礎知識です。

また七五三の食事会などに参加するとき、衣装が和装で長時間座っているのは子供も辛いというのも基礎知識として知っ ておきましょう。着替えを用意して七五三の衣装を途中で普段着に一度着替えさせるなどの配慮も基礎知識として必要です。どれだけ素敵な七 五三の衣装を着ても子供がぐずってしまっては、七五三自体が台無しになってしまうことも基礎知識です。子供に配慮して家族みんなで七五 三を楽しくお祝いしてあげましょう。 主役はあくまでお子様ですので、お子様の体調や疲れないようにする工夫をしっかりと考えた上で しっかりとして準備をしていくことが重要になります。どうしても親御さんが一番張り切ってしまいがちですが、あくまで主役はお子様、 ということをしっかり頭に入れて準備しましょう。スケジュールを立てる時も大人の動きではなく、お子様が楽に疲れないようなスケジュールを余裕をもって 組んであげることが大切です。やりたいことはたくさんあると思うのですが、子供の体力がついていかずに疲れさせては元も子もありません。


相互リンク
http://www.tanteisan.com/
http://www.jitsuin-senka.com/
http://lozelhomme.com

三歳児の衣装

七五三の三歳児の衣装

七五三の三歳の衣装の基礎知識として、三歳は体が小さいので衣装はだきるだけ軽いものを選択するようにしましょう。七五三のお祝いや参拝、衣装の写真撮影などのスケジュールも楽にしてあげるのも基礎知識です。七五三で三歳の男の場合、紋付二枚襲に兵児帯を着けるのが基礎知識です。衣装の模様は羽二重熨斗目が一般的です。これに袖なしの羽織物をするのです。履物は鼻緒がついた平底タイプの履物でよいです。

三歳の女の子の場合の七五三の衣装は、綸子や縮緬の総柄友禅やぼかし染などを四つ身仕立てにしたものを身につけるのが基礎知識です。上から重ねる下着は表側の色にぴったりの縮緬や紋綸子にすることになっています。七五三の衣装の下の肌着は、現在は胸元の開いたシャツなどで代わりにしています。襲は女の子らしく綺麗なピンクや赤色等で仕立てられた柄の比翼仕立てにした衣装が着くずれもなくお薦めとなります。

七五三の衣装の帯は祝い事らしく文庫結びやふくら雀など綺麗に仕上げるのが基礎知識です。

帯を結ばない衣装のケースは、兵児帯をつけます。上から羽織の一種である被布を着せ、紅白の被布飾りも七五三の衣装と両方につけるのも基礎知識です。髪の毛にはリボンでも髪飾りでもつけてあげて、七五三らしくお子様をきれいに見せてあげます。そして和装小物の筥迫を胸元に挟むのも七五三の衣装の基礎知識です。

七五三の履物は腰高草履等にします。通常は履くことのない草履や甲堀などは前もって履き慣らさせておくのも基礎知識です 。同様に足袋も前もって慣らせておくと、七五三の日に突然嫌がって親が手間取らずに済みます。実は子供には靴以外の初めての履物は苦しく て疲れるのも知っておきたい七五三の衣装の基礎知識なのです。 どうしても大人目線でみてしまいがちですが、主役は子供ですので、お子様の 動きやすい格好や体調、体力などを考慮しなければ、いけないのも必要不可欠な基礎知識になるのです。お子様がグズってしまったりしてせっかくの七五三が 台無しにならないように注意しましょうね。親御さんもかなりしんどいのですが、お子様はもっと体力的にきついことを忘れないようにしましょう。 大人の自分の体力を数分の一にしたと考えて行動してみると、うまく判断できますよ。視界も狭く、低いお子さんが一日大人だらけの場所で 動き回るのは大人が思う何倍も負担なのです。ほとんどの物が自分より何倍もある世界、というのは想像を絶します。その中でお子様は生きている事を しっかり考えてあげましょう。どうしても行事をきちんと行いたいという気持ちが先走ってしまいがちですが、遅れても構わない位の 余裕をもってスケジュールを組むとよいです。


相互リンク
無料法律相談
http://www.friend251.net/
http://datsumou-menz.com

五歳児、七歳児の衣装

七五三の際、五歳の男児は衣装として袴をはくのが基礎知識であり、常識です。

七五三の袴にはスカートタイプとズボンタイプがあるのも基礎知識として押さえておきましょう。そして、五つ紋付熨斗目の模様いりの羽二重や色紋付を身につけます。七五三の色紋付は長着と羽織をおそろいの模様にするのも基礎知識です。下着には比翼仕立ての白羽二重をはき、袴は通常、無地のものを選ぶのも基礎知識です。

七五三の衣装の色は黒や茶、紺など主流なのも基礎知識として覚えておきましょう。仙台平の目立つな柄物を履いている人を見かけることもあります。 帯で知っておきたいのが紋絞りです。履物は、草履になります。基礎知識として、のし模様など目立つ物を選択する人もいますが通常は畳表の草履なのも基礎知識です。小物は扇子と守り刀を身につけさせます。扇子に関しては、末広がりという意味があり、縁起物で七五三などもお祝いの席に当たり前に出てくるものです。

五歳児、七歳児の七五三の衣装

七五三の七歳の女児は友禅模様の衣装を着せるのが基礎知識。

総柄の友禅模様や絵羽つけの友禅なども必要になってきます。お子様の体に合った肩揚げや腰揚げ、おはしょりなども用意しておきましょう。七五三の襲は三歳児と同じで女の子らしくピンクなどの縮緬や綸子にしてあげるのも基礎知識です。コツとしては比翼仕立てにするとお子様が着るのが楽なことも覚えておきましょう。七五三の長襦袢は四つ身裁ちにし、袖は無双袖にして裾は引き返しておくことが基礎知識です。その他にも肩揚げや腰揚げを装着して着丈をちゃんとセットしてあげましょう。

七五三の衣装につける帯は丸帯がかわいらしいのも基礎知識です。帯締めはお祝いごとで代表的な紅白の組みひもや丸ぐけ にするとよいでしょう。帯揚げは赤の鹿の子絞りにして、和装小物として筥迫をはさんであげます。七歳の女児には七五三の衣装以 外にもメイクをしてあげたり、髪もセットしてあげるとよいです。現在の七歳の女の子ともなると七五三の衣 装以外のメイクにも興味を持つのも基礎知識ですよ。この頃からちょっとしたオシャレを覚えさせてあげるにも七五三というイベント が大きな要因になるのも女の子には副次的なメリットにもなってきます。女性としての準備をする、といった意味でもこの儀式は 役に立つということです。特に最近の女の子は女性に目覚めるのも早くなっていますので、その点からしてもメリットは大きいかもしれません。


相互リンク
http://www.js-iijima.jp/
http://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/tokorozawashi-saijou/
http://www.nekogoods.com/

両親の衣装

本来のしきたりとしては、黒留袖や色留袖だ、というのも基礎知識

次に、七五三の付き添いの両親の衣装はどのようにすればいいの基礎知識です。一般的に洋装のスーツ等を切る方が一番多いようです。略礼装でダークスーツといったカジュアルでないものが一般的です。七五三で和装の衣装のケースは、紬地の無地など簡素なものを着るのが基礎知識になります。そして、衣装の羽織も紬の縫い紋だけといったような簡素なものにすることを心がけるのも基礎知識になります。

七五三に付き添いの母親のケースは洋装も和装もどちらの衣装も一般的なのが基礎知識です 。和装でいくなら、留袖や訪問着や付下げや小紋など父親同様簡素にするのが常識です。本来のしきたりとしては、黒留袖や 色留袖だ、というのも基礎知識として知っておくとよいでしょう。また、衣装の羽織も黒紋付というフォーマルなものになります。ただ、最近は七五三が終 わった後もそのまま着ていられる、訪問着や小紋が楽なので人気がでているようです。伝統に従う衣装でもよいですし、最近の流れに沿ってもどちらでも よいと思います。

両親の衣装

もし、母親が洋装の衣装を選ぶなら父親同様に略礼装でフォーマルなものを選ぶのが基礎知識。

衣装を簡素にしてアクセサリー等で、少し目立たせるのもOKです。祖父母が七五三に一緒にくるケースも両親の衣装と同じようなものにします。七五三の主役はお子様ですので、主役を引き立てるような衣装をきることが基礎知識です。

ただ、お子様の衣装と格が大きくですぎていても変なので、それなりに衣装の格をあわせることも基礎知識です。七五三でお 子様の成長の感謝を表すために参拝に行くのです。衣装は正装するのが礼儀であり、基礎知識なのです。親の衣装も七五三の子供の衣装 と一緒レンタルも可能です。七五三の衣装や親の正装をそろえるのは手間もお金もかかるので、レンタルするのが主流になってきてい ます。七五三で和装のケースも着付けや髪のセットまで全て任せられることも基礎知識として知っておきましょう。 こうなると親御さんが本当に楽になるので、当日のことに集中しできる、という点でもメリットになってくるのです。 また、セットですべて任せると多少料金は高くなりますが、最近は多くのお店が価格競争をしているので、値段も安く なってきています。ネット上などで調べて、サービスと値段を見比べてお財布に優しいものを選ぶとよいでしょう。 せっかくのお子様の晴れ舞台で張り切るのはわかりますが、無理に背伸びしすぎないことも大事です。お金のことばかりが気になってしまって 楽しめなくなっては意味がありませんからね。


相互リンク
http://www.wakida8.com/
http://shounani.co.jp
http://abe-jim.com/

ブランドの衣装

様々なブランドが人気を高めている

現代では、七五三の衣装にも様々なブランドが人気を高めているのも基礎知識です。様々なブランドが新作を出し、七五三のレンタル衣装として写真屋等でみることができます。意外なのが、ブランドの七五三の衣装を呉服屋で買えるというのも基礎知識として知っておいて損はないです。せっかくの七五三、衣装をブランド物にしてみるものよいかもしれませんね。

七五三の衣装の人気のブランドの1つ目は松田聖子さんプロデュースの「Seiko Matsuda」。七五三の衣装のみならず、帯も作っています。衣装の袖口にレースを使用する等、斬新なデザインが人気なのが、Seiko Matsudaの七五三の衣装の基礎知識です。着るだけですぐに華やかに見える衣装で、色も女の子らしいものが多いのも特徴です。

ブランドの七五三の衣装

次に七五三の衣装を出しているブランドで有名なのが「Mezzo Piano」。
メゾピアノらしい、可愛くてセレブな感じを七五三の衣装に出しているのがメゾピアノの七五三の衣装の基礎知識です。さらに、衣装の他にもリボンやジュエリーなども用意し、更に華やかなデザインが人気をはくしています。

最後にご紹介する七五三の衣装を出しているブランドが、レトロでありつつモダンなデザインの 「Japan Style」です。七五三の衣装の生地の柄や色が今までの衣装と違うのが基礎知識です。大正から昭和のレトロな感じと 現代風な部分を七五三の衣装にミックスさせているのが特徴です。実際に七五三の衣装をみてみるとわかりますが、今風であ りながら、どこか懐かしさを感じる七五三の衣装なのをこのブランドの基礎知識として知っておきましょう。他にも様々なブラン ドが七五三の衣装を出しているので色々と見てお子様にぴったりな七五三の衣装を選んであげましょう!

一生に数回しかないお子様との記念を思い出深いものにしましょうね!将来お子様が大人になったときにその時の七五三の衣装の 姿を見るときっと喜ぶと思いますよ!そしてそのお子様がさらに成長して親御さんになるころ、七五三は更に変わっているでしょう。 良い思い出を持ったお子さんが成長し、自分の子供にも良い思い出を持たせる七五三を行う、このように七五三の伝統が引き継がれていきたいものです。